30だって諦めない気持ちが大事なんだ

2014.11.03

30代になると自分の生活が大事になって守りに入ることが結構あります。 そうなるとそれまで語っていた若いころの夢も次第に見えなくなって、どちらかというと惰性で生活しているということもあります。 けれど、30くらいまでならまだ夢を追いかけられます。 もちろん語学は若いうちの方が吸収力が高いですから、若い時に留学をすべきだと考えるかもしれません。 それでも、留学したい、外国語を学びたい、という気持ちがあるのなら日本を飛び出すべきなのです。 実際に留学は一つのステータスになりますし、自分もいろんな経験をしているので、海外を若いころとは違う視点で見ることが出来るのです。 一番大切なのは諦めない気持ちです。確かに若い人たちと比べると、バイタリティーや語学を習得する能力は低下しているかもしれません。 けれども、諦めずに取り組んでいけば言語習得が出来ることを認識できるし、また他にも色んな経験がしたいと思えるようになるのです。 人生も諦めなければ絶対幸せが待っているのです。